スイッチのオンオフ


作業合間に遊ぶことが楽しくて、
気付けば遊んでばっかりの休日とか。

メリハリというのはやっぱり大事で、
特に〆切が近い時には気張って遊びに関わるものを全て仕舞うとか、
そういう「物理的な」オンオフってのも大事。

なんですけど、ふとした時に触りたいもの、
触ることで何か得られるものを常に傍に置いておくこと、
それもまた大事だなーと痛感する日々です。

じゃあ、
スイッチを明確に備えてメリハリをつけることと、
敢えて境目を曖昧にしてしまうこと、
どっちがいいの?って疑問になるんですけど、
やっぱどっちが正解とも言えないですよねえ。

根っからのデュアルコア人間で、どちらかというと
「〇〇しながら脳の余白で××したい」と常に考えているので
個人的には後者を推すんですけど。

歌い方然り、音楽の構成然り、
ピアノの弾き方然り、絵の描き方然り、
Splatoonのギア然り、立ち回り然り、
自分に合ったものをいち早く見つけられると
その先もずいぶんと明るくなるんだろうな、と思う毎日。

この記事へのコメント